event

Avenir Cup #2 Sakaigawa Round – Report

Avenir Cup #2 Sakaigawa Round – Report

Avenir Cup 育成型自転車競技シリーズ戦 About Races Rules Sponsoring Round 2 – Sakaigawa #2 境川大会#2 ー トラック戦 Outlines Rules Results Report 7月2日(土)は合同会社アヴニールサイクリングと山梨県自転車競技連盟が共催で行う「アヴニールカップ」の第2戦が境川競自転車技場で開催されました!初年度となる2021年シーズンは、前半ではトラック戦が3戦、そして後半はクリテリウム戦が2戦の合計5戦で行われ、総合ランキング対象カテゴリーであるU13、U15、U17、U19に関して、第1戦で最も多くのポイントを加算した4選手が「マヨジョーヌ」を披露しました。トラック戦はバンクをロードバイクで走行する形で、午前にスプリント、そして午後にスクラッチの2種目を含み、各年代の勝者にそれぞれ20ポイントが贈られます。 写真 ©大森美紀 スプリント U9/U11/U13 最初に行われたのは、U9からU13までの子供たちのスプリント。今回は参加者が多く、トーナメント制で行った。8組の予選を突破した選手が準々決勝、その次に準決勝、そしてそこまで勝ち上がった2名が決勝を行う形式。準々決勝を突破したのは青山哲宗選手(Sora Grit)、富樫悠太郎(Avenir Yamanashi Yamanakako)、南翔大(TCKR)、そして花島聡太(Avenir Yamanashi Yamanakako)の4名。決勝ではU13のリーダーの鷹取選手に勝った青山哲宗選手が第1戦の勝者である富樫悠太郎を制し優勝を決めた。準決勝では南選手が花島選手に先着し、3位を手にした。 1位 45 青山 哲宗 AOYAMA Tetsumune Sora Grit U13 (2) 20 2位

山中湖シクロクロスコース「試走会」を開催

山中湖シクロクロスコース「試走会」を開催

3月7日(日曜日)に開催しました山中湖サイクリングコースにおいて山梨県限定の試走会を開催しました。レポートをお届けします。 「自転車の聖地」を目指して、山中湖村の計画のもとチームボランティアの皆さんが「シクロクロスコース」の設営にご協力させて頂いてから2ヶ月弱経過しました。新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されており、首都圏等他県からの来村を控えなければならない中で、シクロクロスシーズンが終わりを迎えようとしていますが、当チームとしましては地域の子どもを対象とした定期的なサイクリングスクールの開催や、発信活動に務めるなど、今後の活用に繋げていくことを目標に活用させて頂きました。 その中で、ロードバイクに乗り換える前に、こんな2020/2021年シーズンの締めとして、山梨県のシクロクロッサーを対象に試走会を開催しました!合計30名前後の選手にお越しいただき、一日に渡って思う存分コースを楽しんで頂きました。お昼にチームのボランディアの皆様が用意した温かい芋煮を食べて、午後からタイムトライアルと、4周の模擬レースを開催しました! 写真はこちらにご覧いただけます。

シクロクロス合宿

シクロクロス合宿

関東周辺のシクロクロス大会が次々と中止になり、選手が活動の場を失っていることを受け、昨日は山梨県甲斐市にある水野ファームにてシクロクロス合宿を開催しました! 大勢の若手選手が集まる中で、午前中は競技の簡単な説明からスタート、コーナリングやシケインなどの技術的な練習を行い、午後はメカニックとトレーニングに関するレクチャーの後に模擬レースを開催しました。保護者やお連れの子供が楽しめる設備もあり、大変盛り上がりました! ヨーロッパでは選手育成の一環として盛り上がっているシクロクロス競技ですが、山中湖でも取り組んでまいります!

トラック育成大会 ー レポート

トラック育成大会 ー レポート

11月1日に「トラック育成大会」を開催致しました!第一回としましては若手選手の育成を中心にU11からU19カテゴリーまでを対象に、午前にスプリントトーナメント、そして午後にスクラッチの2種目を行いました。 Sprint Tournament U13以下:U11とU13の大会は予選を制したのは富樫悠太郎選手、青山哲宗選手、 奈良竜義の3名でした。その中で、後者2名はU13、前者はU11だったため、富樫選手がU11カテゴリーでの勝利を手にしました。しかし決勝では、奈良選手との争いを制したのは青山選手。4位争いの準決勝を制したのは、高村拓豊選手。 1 青山 哲宗 AOYAMA Tetsumune U13 1’58.52 2 奈良 竜義 NARA Tatsuyoshi U13 3 富樫 悠太郎 TOGASHI Yuutarou U11 4 高村 拓豊 TAKAMURA Takuto U11 2’17.48 5 鷹取 礼 TAKATORI Michi U13 6 藤本 音羽 FUJIMOTO Towa U11 7 森岡 咲希 MORIOKA

トラック育成大会 ― エントリーリスト&スケジュール

トラック育成大会 ― エントリーリスト&スケジュール

11月1日開催の「トラック育成大会」までいよいよ残り4日になりました。エントリーリストと当日のスケジュールとグループ分けが確定致しましたのでご報告致します。 大会注意事項 ・天候による大会中止のお知らせは、当日朝7時にホームページにて告知します。 ・ コロナ感染対策の為、当日の検温及び体調チェックを各自お願いします。体調がすぐれない場合は参加をご遠慮下さい。また、競技場内ではマスク着用をお願いします。・参加費は受付にてお支払い下さい。お釣りのないようご協力をお願いします。・ゼッケンは腰辺りの左側に装着してください。・昼食は各自ご持参下さい。

「トラック体験」レポート

「トラック体験」レポート

10月3日(土曜日)に境川自転車競技場にて「トラック体験」イベントを開催致しました! 12時から14時までの時間帯ではU13以下の選手、そして14時半から16時半まではU15以上の選手を2グループに分け、それぞれの内容で実施しました。子供たちは、最初にヴェロドローム内のサイクリングロードで1列走行の練習をしてから、退避線に沿っていよいよ初めてのバンク走行に。慣れてから、ゼロスタート1周(400m)とスプリント(200m)の計測を行い、終わりに挑戦したい参加者にがバンクの中盤まで上がってみるというエキストラもありましたが、小学校2年生の最年少を含め大半の参加者はなんと怖がることなく上まで上がれました! 14時半からのレーサーズは、最初に1列で徐々にバンク中盤の青い線まで上がり、半周毎の先頭交代を繰り返しながら40kmまでペースを上げました。そこから、1対1のスプリント勝負、そしてエリミネーションを行いました!参加者全員に、トラック走行を満喫して頂けたかと思います! 11月1日に「トラック育成大会」を開催しておりますので、体験に参加が間に合わなかった選手は是非、本番にも出場を検討して頂けたらと思います!簡単な講習会とフリー走行の時間も設けており、ロードバイクでの参加になりますので、是非ご参加ください!