6月合宿

6月24日(木)から27日(日)までの4日間でトップチームの合宿を行いました。全日本選手権の中止に伴い、最も格の高いレースがなくなった状況もあり、多くの選手が休養を入れたり、目標を失ったりと、後半戦に向けての基盤づくりをテーマに取り組んでいきました。キッズやレーサーズ(育成事業)と交流できる貴重な機会でもあり、チーム全体がまとまる良い合宿になりました。

木曜日の初日はフレッシュなうちに強度を上げるトレーニングを入れるとして、西湖の周辺道路で7kmのチームタイムトライアル練習を行いました。
金曜日は本栖湖から富士川を下り、朝霧高原から富士山方面に戻る山梨県と静岡県を跨ぐ142kmのコースでLSD練習を行いました。天気が良く、遠方から来る選手がトレーニング環境の良さと多様性を実感できました。
土曜日の午前中はキッズ練習にトップチームの選手が交じり、昼には交流会も開催。午後からは丹沢湖方面で1対1のスプリントメニューを実施しながら、籠坂峠から帰る最後の一時間でペースを上げる108kmの練習を行いました。
それから最終日はレーサーズとの共同練習として、雛鶴峠から道志みちに入り、終盤の山伏峠で15分のレース走でハードな4日間に幕を下ろしました。

7月3日(土)はアヴニールカップの第2戦とJBCF広島大会に参戦します。翌週はJBCF石川クリテリウムと石川ロードレースを予定しています。その後はいよいよフランス代表が山中湖村に入り、東京オリンピックの活動が予定されています。引き続き応援のほど、宜しくお願い致します!

6月合宿