「アヴニールカップ」の発足について

2021年から、合同会社アヴニールサイクリングが山梨県自転車競技連盟とタイアップし、地域密着/育成型自転車競技シリーズ戦「アヴニールカップ」を共催で発足致します。

「アヴニールカップ」は、山梨県/富士山地域において、サイクルスポーツ文化の振興及び選手育成環境の構築を目指し、5年にわたる長期計画を経て「ツール・ド・やまなし」の実現を目的としています。

育成に対する考え方

UCI(国際自転車競技連合)が推薦している世界共通の基準(カテゴリー分け、距離、ルール等)を導入し、世界で通用する育成環境にこだわる。U13、U15、U17、U19の4カテゴリーによる年間ランキングを行い、首位の選手にはツール・ド・フランス同様に次戦で着用する「マヨ・ジョーヌ」が贈られ、山梨県/富士山地域を中心に全国の若手選手が憧れる大会を目指す。

自転車文化の普及に対する考え方

若手カテゴリーが開催される後にエリートカテゴリーのレースを開催し、現地でトップ選手の走りが見れる機会を設ける。また、Avenir Yamanashi Yamanakakoのホームゲームとして、地域の皆様に間近で応援して頂ける場を作り、取り組みの相乗効果を図る。運営の土台をしっかり固めた上で、各大会とシリーズ全体の価値を高めていき、経済波及効果のイベントに引き上げることで、地域や企業との連携性を高め、「ツール・ド・やまなし」を実現できる状況を作る。

全てロードバイクで参加できる「トラック戦」、「クリテリウム戦」と「ロード戦」の3タイプに分け、「ロード戦」を頂点としてそれぞれのポイント配布を定める。

「アヴニールカップ」の詳細に関しましてはこちらをご参照ください。

2021年の大会スケジュール(予定)

(トラック戦:3戦、クリテリウム戦:2戦、合計5戦)

 4月17日(土) 第1戦:境川ラウンド(トラック戦)(→エントリー開始)
 7月4日(日) 第2戦:境川ラウンド(トラック戦)
 8月7日(土) 第3戦:境川ラウンド(トラック戦)
 9月12日(土) 第4戦:清里丘の公園ラウンド(クリテリウム戦)
 11月28日(日) 第5戦:清里サンメドウズラウンド(クリテリウム戦)

なお、4月17日(土)第1戦の境川ラウンドのエントリーを開始致しましたので、参加のほどをご検討ください!
第1戦:境川ラウンドの大会ページ

2021年の大会に関しましてはこちらをご参照ください。

「アヴニールカップ」の発足について

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *