プレシーズン合宿

3月19日(金)から3月23日(火)の間、トップチームの選手が山中湖村に集合し、チームプレゼンテーションと合わせてシーズン前の合宿を行いました(チームプレゼンテーションについてはこちらをご覧ください)。写真を通じて、合宿の様子をお届けします。

20日(土)は約85kmのトレーニングでは2チームに分けて、トレインを組みながらスプリンターを発射する練習を実施しました。チームメイトと連携を取り、作戦を考えるで高い組織力が問われ、刺激の多いトレーニングとなりました。そしてその後、VO2max域で各選手の現段階でのコンディションを確認する目的もあり、5分のレース走を行いました。

21日(日)は写真撮影を済ませてから、自走で湘南まで移動し、大磯クリテリウムに参戦する予定でしたが、大雨と暴風の影響で前日の夜に中止が確定し、雨の比較的少ない時間帯でトレーニングすることに切り替えました。山中湖サイクリングクラシックのコースを経由して、雨の中で籠坂峠を2往復し、最後の登りでレース走を行いました。前日と違い、LT域で各選手のコンディションを把握出来ました。時間は短かったですが、悪天候に対応する全体のプロセスも含め、様々なことが学べる練習となったでしょう。

その夜に静岡県に移動し、22日(月)は復活した青空に恵まれ、伊豆半島で強度高めのロング練習を行いました。西伊豆の海岸に繋がる船原峠の緩い勾配でレース走を行い、そのまま高い強度を保つ状態で沼津に向かう海岸線のアップダウンをこなしました。平坦に戻ると最後の仕上げとして高速ローテーションに切り替わり、力を振り絞って合宿に幕を下ろしました。

この合宿の実現を可能にしてくださったボランティアスタッフやお世話になりました「旅舎つきあかり」様に感謝し、シーズン開幕に向けて更なる強化を目指してトレーニングを続けてまいります!

プレシーズン合宿

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *