トラック育成大会 ー レポート

11月1日に「トラック育成大会」を開催致しました!第一回としましては若手選手の育成を中心にU11からU19カテゴリーまでを対象に、午前にスプリントトーナメント、そして午後にスクラッチの2種目を行いました。

Sprint Tournament

U13以下:U11とU13の大会は予選を制したのは富樫悠太郎選手、青山哲宗選手、 奈良竜義の3名でした。その中で、後者2名はU13、前者はU11だったため、富樫選手がU11カテゴリーでの勝利を手にしました。しかし決勝では、奈良選手との争いを制したのは青山選手。4位争いの準決勝を制したのは、高村拓豊選手。

1 青山 哲宗 AOYAMA Tetsumune U13 1’58.52
2 奈良 竜義 NARA Tatsuyoshi U13
3 富樫 悠太郎 TOGASHI Yuutarou U11
4 高村 拓豊 TAKAMURA Takuto U11 2’17.48
5 鷹取 礼 TAKATORI Michi U13
6 藤本 音羽 FUJIMOTO Towa U11
7 森岡 咲希 MORIOKA Saki U13
DNS 高村 権誠 TAKAMURA Kensei U11
DNS 宮崎 克史 MIYAZAKI Katsumi U11

U15以上:U15、U17、U19の大会には、オープン参加として甲府工業高校OBの矢光孝輔選手、eNShare Racing Teamの水野恭兵選手、そして主催者のボシストムさんが出場しました。予選ではA組は小林選手が川口選手の追い上げを抑え切り1着。B組は先頭を走っていた水野選手が経験を活かし瀬戸口選手が抜けられないように200m未満の短いスプリントでもがき切りました。そしてC組はこの境川自転車競技場で練習を重ねてきた矢光選手のスプリント力にトム選手が勝てませんでした。決勝に上がれた小林快選手がU19での優勝を手にしました。
決勝は水野選手と矢光選手の争いに注目が集まったが、現役の水野選手が力技で優勝。準決勝はロングスパートをかけた瀬戸口選手が最終コーナーでトム選手に抜かれました。

1 水野 恭兵 MIZUNO Kyohei OPN 1’46.29
2 矢光 孝輔 YAKOU Kousuke OPN
3 小林 快 KOBAYASHI Kai U19
4 ボシス トム BOSSIS Tom OPN 1’51.40
5 瀬戸口 瑛 SETOGUCHI Akira U19
6 川口 真矢 KAWAGUCHI Shinya U19
DNS 宮崎 拓史 MIYAZAKI Takumi U15
DNS 若林 蔵月 WAKABAYASHI Kuraki U15

Scratch

U11:4kmで行われたU11のスクラッチは、スタートからお見合いが続き、誰もペースアップを図らず終盤まで進みました。最終周回で高村選手が先頭に出ましたが、富樫選手がタイミングよく最終コーナーで先頭を奪い優勝。

1 富樫 悠太郎 TOGASHI Yuutarou U11 9’08.34
2 高村 拓豊 TAKAMURA Takuto U11
3 藤本 音羽 FUJIMOTO Towa U11
4 高村 権誠 TAKAMURA Kensei U11
DNS 宮崎 克史 MIYAZAKI Katsumi U11

U13:15周回の計6kmで競われました。青山選手は早い段階で先頭に立ちましたが、後半に差し掛かるまで全選手が後ろにピッタリと付いていきました。終盤では青山、奈良の2名が若干飛び出し、後方では鷹取、森岡の2名が3位を争う形に。奈良選手は力があり、最後まで粘りましたが、僅差で青山選手が午前に引き続き勝利しました。

1 青山 哲宗 AOYAMA Tetsumune U13 12’20.05
2 奈良 竜義 NARA Tatsuyoshi U13
3 鷹取 礼 TAKATORI Michi U13
4 森岡 咲希 MORIOKA Saki U13

U15、U17、U19:最後のレースは30周回、計12kmで行われました。午前のオープン参加に加えて、飛び入り参加でなんとU23全日本王者の武山晃輔選手も出走しました。武山選手は10周回ぐらいでアタックをかけ、水野選手と瀬戸口選手がしっかりと反応出来ましたが、矢光選手、トム選手、川口選手、小林選手は即時に反応できず、遅れていきました。トム選手だけが3周ほどかけて合流出来ましたが、U19選手の中では、早々瀬戸口選手のみになり勝利が確定しました。終盤まで丁寧に先頭交代を繰り返していき、最終周回で先頭に入ったのは午前の勝者、水野恭兵選手。しかし、後ろから武山選手がタイミングよく加速し、速度差を付けながら先頭を奪いました。即時に反応できなかった水野選手がトム選手と瀬戸口選手に抜かれて、武山、トム、瀬戸口、水野の順でゴールしました。

1 武山 晃輔 TAKEYAMA Kousuke OPN 17’43.53
2 ボシス トム BOSSIS Tom OPN
3 瀬戸口 瑛 SETOGUCHI Akira U19
4 水野 恭兵 MIZUNO Kyohei OPN
5 川口 真矢 KAWAGUCHI Shinya U19 -3LAP
6 小林 快 KOBAYASHI Kai U19 -3LAP
DNF 矢光 孝輔 YAKOU Kousuke OPN
DNS 宮崎 拓史 MIYAZAKI Takumi U15
DNS 若林 蔵月 WAKABAYASHI Kuraki U15

レース後には表彰式、そして武山選手のサイン会を行い、保護者と子供たちが盛り上がりました。第1回となった本大会にはテスト性の要素もありましたが、トラブルが発生することなく盛大に開催できたことに感謝しております。2021年は新型コロナウィルスの状況を確認しながら、選手の育成と強化を中心とした大会開催をシリーズ化できる体制を整備する方向で準備を進めて参りますので、引き続きたくさんのご参加をお待ちしております!

© Photos : 大森 美紀

トラック育成大会 ー レポート

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *